美容整形なら様々な願望を簡単に叶えられる

サイトメニュー

小顔になるための美容医療

注射器

注目のボトックス注射

小顔になる方法として注目されているのがボトックス注射による施術です。この施術は顔の張っているエラをボトックス注射により原因となっている顎の筋肉を収縮させることで小顔にします。顎の骨よりも筋肉の方が顎に占める面積が大きく、骨を削るよりも筋肉を小さくする方が効果も大きく負担も小さいとされています。ボトックスを顎のものを噛む咬筋という筋肉に注射することで筋肉の活動を弱めます。筋肉は活動量が減ると徐々に小さくなっていく性質があるため、活動量を減ったことにより徐々に顎の筋肉が落ちていき、小顔になるという仕組みです。こういった仕組みのため、施術の効果が出るまでにおおよそ2週間から1ヶ月程度かかりますので施術を行った当日から小顔になるという訳ではなく、徐々に効果が現れてきます。また、もともとの原因が筋肉がついたことによるものなので、時間が経つと再び筋肉がついてきて元の大きさに戻ることがあります。そのため小顔効果を保持するためには3、4ヶ月に1度程度のペースで再度施術を行う必要があります。この特徴は一見するとデメリットのようでもありますが、一度行ったらもう元に戻らないような小顔になる方法よりも美容医療の初心者には安心できるものではないでしょうか。
小顔になる方法はいくつも存在していますが、ボトックス注射が注目されている理由はその手軽さと的確に効果が出ることにあります。まずボトックス注射の施術は冷却時間を入れて10分程度で終了と非常に短い時間で終了します。そのため日帰りで行うことができますし、それこそ美容室やネイルサロンに行く感覚で行けるという方もいるのではないでしょうか。施術時間が短いということもさることながら、美容医療で小顔になる方法というと骨を削るなどの大掛かりな手術もありますが、それに比べると精神的にも肉体的にも金銭的にも負担はかなり小さいです。そしてボトックス注射は筋肉に直接注射するため小顔効果が的確に現れます。例えばダイエットをして小顔を手に入れようとした場合はそもそも小顔にならない可能性もありますし、効果が一時的であったり、小顔にはなったけど丸顔が気になったりするなど、満足する結果が得られないこともあります。そのため顎周りをほっそりさせることができるボトックス注射のほうが的確に効果が期待できると言えます。これらの理由により小顔になる方法としてボトックス注射が注目されているのです。