美容整形なら様々な願望を簡単に叶えられる

サイトメニュー

小顔になる習慣と整形

注射

小顔になるための方法とは

小顔になる方法は、普段の何気なく過ごしている中でも沢山あります。もちろん最終的には、美容整形という手段もありますが、まずは普段の中で実践できる習慣をやってみるのをおすすめします。良い習慣が身に付けば、自然と小顔に一歩近づけますよ。まずは、小顔になる方法の1つ目は、咀嚼回数です。ご飯を食べるときに咀嚼回数をなるべく増やしましょう。冷たいもの、固すぎるものはなるべく避けてください。食事の際は、咀嚼回数を意識すると満腹感が得られ、顎の筋肉を同時に鍛えることができます。次に2つ目に習慣づけたいのは、座る姿勢です。姿勢が悪いとストレートネックといい、顔が前に出て、首の筋肉が凝ってきます。首の凝りはむくみに繋がるので、結果的に老廃物が溜まり、小顔から遠ざけてしまいます。ですので、なるべく自然な状態で姿勢をキープしましょう。座るときのコツとしては、骨盤を起こすようなイメージをして座ることです。背筋を伸ばすと、骨盤回りもぴんと伸びます。ですので、その姿勢を普段から意識して習慣づけましょう。
上記のような小顔になる方法を実践していても、元々のフェイスライン、脂肪、老化によるたるみやしわは取ることは難しいです。自分の力ではどうすることもできない場合、美容クリニックを利用するといいでしょう。加齢による頬のたるみは、老けて見えてしまったり、顔が大きい印象も与えます。そういった方には、リフトアップをおすすめします。このリフトアップは、見た目の印象が20歳も若返ると言われています。施術方法は、複数の糸を頬に何本かいれていき、皮膚を中から引っ張るという方法です。法令線やたるみを引き上げ、フェイスラインがすっきりとした仕上がりになるので、小顔効果が期待できます。骨格を変えるわけではないので、メスも入れずに出血もほぼありません。直後は、痛みが多少あり腫れますが、ダウンタイムは数日で落ち着きます。整形をしたかどうかの見た目も、ほぼわかりません。中に入っている糸は、時間の経過とともに自然と体内に吸収されていきます。成分も体に安全なものなので、心配はありません。小顔になる方法としては、ダウンタイムが少なく、若返りもできるのでおすすめです。